無料相談ご予約 平日9:00~18:00

医療開業

医療開業支援

「医療」の開業支援について、経験豊富なスタッフがサポートいたします。

「RISE」が選ばれる理由

経験豊富な開業支援

医業開業コンサルティングは、開業支援業務に長年携わってきた豊富なノウハウを持ったスタッフがチームで対応いたします。

確かな人財品質

多くの開業ドクターの創業期から安定期までの経営を支えてきたスタッフが様々なご要望にお応えします。ドクターが患者様を診るように、私達スタッフも数字だけにとらわれず、その背景を大事にドクターやそのご家族をも見ていきます。ドクターとの信頼関係を大事に考えますので、会計事務所の担当者による品質のばらつきや担当者の変更が多いことによるストレスがないようクリニックの向上に貢献していきます。

安全に借りて、安心して返せる借入相談

開業時の融資相談はもちろん、開業後の融資相談もお受けいたします。クリニックの事業計画のみならず、ドクターの生活費や住宅ローン、またご子息、ご息女の学費や教育資金などドクターのライフスタイルからバランスを考え、無理なく安心して返済ができるようアドバイスを行い、取引実績のある銀行をご紹介させていただきます。

定期的な訪問で経営状況をご説明

貴院をご訪問し現在の経営状況を丁寧にご説明いたします。開業当初は来患数が希望通りに増えず、一方で支出が多いため資金繰りが心配になります。その際の心構えも含めて、会計データやグラフ、表などを用いてわかりやすくご説明いたします。

経営改善策の提案

「他のクリニックと比べてどうなの?」という疑問を同診療科の全国平均との比較により分析いたします。またクリニックの立ち上がり方は診療科目や開業時期により異なります。経営上の問題点を把握し、健全経営に役立てます。

少し先を予測

ギリギリになって知る・・・の、ストレスから解放します。
「こんなに税金払うの?早く言ってよ!」というお言葉を何度も聞いてきました。
所得予想から納税予定額を算出し、余裕を持ってお知らせいたします。毎月、何かしらの書類の提出期限、納付期限があります。少し先を予測することで計画的に進めることができます。

医療法人設立コンサルティング

個人事業でのクリニック経営が進んでくると、ドクターの多くが直面するであろう法人化。ただし、法人化をすべきかどうかは、税金対策のみを考えればよいというものではなく、家族の状況やドクターの今後の未来設計にも大きく影響してきます。そこで、総合的にシミュレートを行い、ドクターにとって最適な選択ができるよう判断材料をご提供いたします。

「RISE」の医療本部のサービスについてご紹介いたします。

1.医院開業セカンドオピニオン

税理士法人ライズでは数百件の開業支援実績から様々な先生のご不安をお伺いさせて頂きます。

開業を検討したい

  • ・今から開業しても大丈夫?
  • ・開業場所はどうやって探すの?
  • ・私の考えている開業スタイルは可能ですか?
  • ・郷里に帰って開業か? こちらで開業か悩んでいる

開業前のご相談

  • ・開業は決めたが場所はあるのか?
  • ・診療圏調査は正しいのか?
  • ・資金調達は大丈夫か?
  • ・迷っている物件があるが、専門家の意見を聞きたい。
  • ・内装、医療機器はどうしたらいいのか?

開業決定後のご相談

  • ・内装工事、医療機器の適正価格わからない?
  • ・様々な業者の紹介を受けるが、このままで良いのか?
  • ・進み始めてからのトラブル発生! 対応を教えて

様々な悩みや問題が発生するものです。不安を感じたらお気軽にご相談ください。相談は無料です。

2.開業支援サポート

数百件の開業支援実績のある経験豊富なスタッフを中心に開業までを無料でサポートいたします。

  • 資金調達 STAGE1
  • 人事労務 STAGE2
  • 開設手続き STAGE3
  • 経理研修 STAGE4

近年に開業は立上りまでの時間がかかります。綿密な計画で潤沢な資金を確保し余裕を持ったスタートが不可欠です。また、「企業は人なり」人事労務問題も避けて通ることのできない問題です。確かなルールと手続きをご提案いたします。

資金調達支援

  • 資金調達 STAGE1
  • 人事労務 STAGE2
  • 開設手続き STAGE3
  • 経理研修 STAGE4
事業計画の作成
ドクターが想い描く理想の内装・医療機器・人員配置等を現実に即した計画を作成。
金融機関の選定
制度融資から銀行選定、複数の金融機関をコンペで選定し、より良い条件を引き出します。書類の作成から金融機関への同行も行います。

事業計画のポイント

  • ① まずは先生の理想・゛夢゛を実現させるための医療機器、内装工事費でお考えください。
    その後、実際にシミューレーションを実施してみて検討することが大切です。
  • ② 事業シミュレーションは、収入は少なめ・支出は多めに厳しく作成し検討します。上ぶれする分には問題ございませんが、下ぶれは死活問題です。
  • ③ 運転資金は潤沢に確保することをお勧め致します。開業後の追加融資は金融機関から非常に厳しく見られます。

事業収支シミュレーション (例

事業収支シミュレーション

※毎月の推移を3年間分作成いたします。年平均の計画では資金ショートのリスクが見えません。

人事労務

  • 資金調達 STAGE1
  • 人事労務 STAGE2
  • 開設手続き STAGE3
  • 経理研修 STAGE4
職員募集前のご提案
賃金だけでは募集はできません。労働時間から職員処遇までこれまでの実績からより良いご案内をさせて頂きます。
職員面接の立会
面接の立会いは勿論、書類選考から2次募集まで実施致します。
院内規定等
就業規則、院内細則、個人情報保護法など職員採用までに院内の規定を一緒に作成させて頂きます。
職員採用手続
労働条件通知契約書、誓約書、身元保証書、通勤費申請書等、様々な書類をご提案させて頂きます。
職員説明会
研修開始日に院内規定のご説明、雇用手続きについてご説明を実施させて頂きます。

開業までの人事労務スケジュール

  • 1.人員計画

    人員計画サポート
    労働条件決定

    開業4ヶ月前

  • 2.募集開始

    媒体の決定

    開業3ヶ月前

  • 3.書類選考の実施

    面接
    2次募集検討

    開業2~1.5ヶ月前

  • 4.採用

    雇用説明会
    雇用契約

    開業0.5ヶ月前

1.人員計画サポートと労働条件決定
  • ① 各科目によって配置人数は異なりますが、午前と午後に最低限必要な人員をお考え下さい。
    当初は最少人数でスタートすることをお勧め致します。
  • ② 診療時間から労働時間をご提案、様々な側面から労働条件のご提案をさせていただきます。
    労働時間の設定を間違えると多くの残業代を支払うことになりかねません。
  • ③ 職員募集までに決めなければならない項目。
労働条件項目 労働条件項目
1.研修開始日 (採用日)    月  日
2.休診日    日、   日、   日
3.診療時間 月・火・水・木・金  時 分 ~ 時 分
月・火・水・木・金  時 分 ~ 時 分
土          時 分 ~ 時 分
4.労働時間 月・火・水・木・金  時 分 ~ 時 分
月・火・水・木・金  時 分 ~ 時 分
土          時 分 ~ 時 分
5.交通費 全額支給 ・  円まで
6.賃金締日  日
7.賃金支払日  日
8.労働保険 加入 ・ 非加入
9.健康保険 医師国保 ・ 協会けんぽ ・ 国民健康保険
10.年金 国民年金 ・ 厚生年金
2.募集開始・募集媒体
  • ① 転職者は辞めるまでに1ヶ月以上かかるのが一般的です。逆算して採用日(研修開始日)の1.5ヶ月前には面接を設定し、こちらを基本に募集開始をお勧め致します。
  • ② 新規事業所で雇用保険に加入していない場合は、「ハローワーク」での募集は基本的にできません。
  • ③ WEB、チラシなどの募集広告になると思いますが、採用はパート職員のみでお考えでも、「正社員・パート」での募集をお勧め致します。正社員希望でもフルタイムのパートであれば了解頂けるケースもございます。また、パートのみで募集しても全日カバーできないことが多くございます。基本的に正・パで募集しても広告料金は変わりません。
3.書類選考・面接
  • ④ 開業当初はリスク(病欠等)も勘案し最少人数でスタートすることをお勧め致します。その後、必要に応じて徐々に増員していくのが理想です。
  • ⑤ いかに良い人材を採用するか!! は、永遠のテーマです。過度に期待をせず、ある程度の割り切りも必要です。
  • ⑥ 「良い人材」とはどのような人を言うのか? まずは、先生ご自信が「苦手」「合わない」「好きじゃない」タイプの人は避けるべきです。一緒に面接した人が薦めても、先生が「ちょっと苦手なタイプ」であれば採用しないことです。毎日一緒にいる先生のストレスになってしまうからです。「良い人材」は聞き上手な人が多く、先生のご意向を理解し行動してくれそうな人です。
  • ⑦ 面接の際は、できるだけ応募者に話をさせることです。先生の思いを伝えるのも大切ですが、応募者の「人となり」を確認することが第一です。
  • ⑧ 看護師などの高額時給者の扶養範囲内での採用は、思ったほど働く時間がありません。よって、高額時給者は働く時間を少なく、人数を増やした方が賢明です。所得の扶養範囲内の月額給与の目安は85,000円(103万)、健康保険の扶養範囲内は108,000円(130万)です。

面接時アイテム

【面接時アイテム】
・面接時アンケート
・評価表
4.採用書類及び雇用契約のご説明
  • ⑨ 研修開始の初日にお時間を頂「院内のルール」「雇用手続き」についてご説明をさせて頂きます。
    面接が終了して、採用者が決まった段階から院内ルールから雇用手続きまで綿密に先生と打ち合わせいただきルールを決めていきます。
  • ⑩ 雇用契約及び入職手続きは重要です。これまでの実績から「肝」を踏まえてご案内をさせていただき先生と決めたものをご説明させていただきます。

  • 【 院内ルール 】
    ・就業規則  ・院内細則 (残業のつけ方・交通費など)  ・個人情報など
    【 雇用手続き 】
    ・雇用契約書  ・誓約書  ・交通費申請書  ・給与振込依頼書など

★院内ルール (例

院内ルール

□雇用手続き (例

雇用手続き

開設手続き

  • 資金調達 STAGE1
  • 人事労務 STAGE2
  • 開設手続き STAGE3
  • 経理研修 STAGE4
管轄保健所
開設前事前協議、診療所開設届、診療所開設許可申請など
関東信越厚生局
保険医療機関指定申請、各種施設基準(基本・特掲)
その他の届出
生活保護法指定医療機関指定申請、労災保険指定診療所指定申請
身体障害者福祉法指定申請などの届出

診療所開設関連

【 保健所 】
  • ① 事前協議 ┉┉┉ 図面の事前協議、名称、診療時間、標榜科目など
  • ② 開設届 ┉┉┉ 診療所開設届、結核予防法、被爆者など
【 厚生局 】
  • ③ 保険医療機関指定申請
  • ④ 基本・特掲施設基準
【 その他 】
  • ⑤ 生活保護法指定医療機関
  • ⑥ 労災指定医療機関指定申請など

経理研修

  • 資金調達 STAGE1
  • 人事労務 STAGE2
  • 開設手続き STAGE3
  • 経理研修 STAGE4
開業準備
開業までにご準備いただくものや両替などをご案内致します
経理研修
受付事務を中心にお金の取扱い、経理処理のご案内を行います
  • □ 開業前の研修で現金を扱う重要性を認識していただきます。
  • □ 毎日の会計業務・毎月の会計業務を研修にてご案内させて頂きます。
  • □ 主な研修項目
    • 経理の基本業務、現金の取り扱いについて
    • クリニックに導入した電子カルテ、レセコン別に毎日・毎月の経理業務
    • 両替、小口現金の取り扱い、集計などの処理方法
    • 納品伝票等の取り扱い業務
    • 両替、小口現金の取り扱い、集計などの処理方法

【 研修資料 】

研修資料

3.事業継承

事業承継

特にクリニックの院長先生が一度は考えたことのある「自分が引退したらどうなるの?」の疑問は、極めて重要な経営課題です。近年では「ハッピーリタイア」「アーリーリタイア」を念頭に事前に準備されるケースが増えています。

先生はどうなさいますか????

事業承継の3つの類型

  • ③ 親族への承継
    (個人・医療法人)
  • ① 職員への承継
    (医療法人など)
  • ② 第三者への承継
    (M&Aなど)
  • ① できるだけ早い段階から、院長と後継者の二人三脚で、事業承継に向けた取組を始めましょう。院長の想い、経営理念を共有することが重要です。子や親族への事業承継は、医院の所有と経営を一体的に引き継ぎやすいため、早期の取組によりスムーズな事業承継が期待できます。
  • ② 医療法人化などした後に、後継者を法人職員と迎え入れ事業継承に向けて院長の想いや経営理念を共有しながら、患者様の承継をスムーズに行う方法です。
  • ③ 後継者を確保できない場合、他の医療法人や個人といった第三者に引き継ぐ方法(M&A等)があります。近年、広く公募する方法が増えていますが、院長が思ったほど制約までの期間や金額は望めないことが多くございます。

※事業承継はケースに応じて千差万別です。各先生に合った最善の方法をご提案いたします。